top of page

※バッグワインの混載は6pcまでとさせて頂きます。

Ravenna Sangiovese IGT "Botte No. 01" 1,500ml / Uain

ラヴェンナ サンジョヴェーゼ IGT “ボッテ No. 01” 1,500ml バッグワイン / ウアイン

【タイプ】赤ワイン
【ブドウ品種】サンジョヴェーゼ
【ヴィンテージ】2022年
【産地】イタリア・エミリア ロマーニャ州
【容量】1,500ml
【店主コメント】
【醸造方法等】生産地はエミリア ロマーニャ州のオリオーロ。粘土砂質土壌で海抜150m。ナチュラルワイン界では有名な『クラウディオ アンカラーニ』と共に醸造。手摘みで収穫後、100%除梗し破砕。イノックスタンクで自然発酵、6日間のマセラシオン。その後、コンクリートタンクで6ヶ月間熟成。無濾過、無清澄。短いマセラシオンで軽快で毎日飲める楽しいワインに仕上げている。
【生産者】ウアイン
【生産者について】

『ナチュラルワインがバッグに! 』

 ナチュラルワインのインポーター&ディストリビューターの「ヴィティヴィーニ」が自分達も毎日飲みたいと思えるナチュラルバッグワインを造るというコンセプトの元、始まったのがウアイン。イタリア各地の生産者のワインをタンクごと買い取り、ヴァルファッチェンダ醸造責任者ルカの協力でバッグに詰めています。毎年、ヴィティヴィーニが取り扱う造り手と話し合い、誰の、どのワインを詰めるかを決めていくので、その年の各造り手の状況によって中身のワインは変わります。

 バッグインボックスに詰められるワインは普通は、セカンドプレスのジュースを集めて造られる事がほとんどです。自分達のラベルを貼ってボトリングせずに協同組合に売ったりするのがセカンドプレスです。ですがウアインは違います!ナチュラルワインで、極少量の酸化防止剤だけで詰めるので、不安定なセカンドプレスは使えないんです。そう、ウアインはバッグワインでもファーストプレスのみ! 100%ファーストプレスなんです!

『三重構造のバッグ』

 彼等はナチュラルワインの販売をしている中で、自然へのリスペクトという観点 から、ワインボトルに違和感を覚えます。ナチュラルワインと言いながら、100年以上変わらないガラス瓶にワインを入れて販売する。重いボトルを飛行機に載せて大量の二酸化炭素を排出する事がナチュラルなのでしょうか?しかもワイ ンボトルはリサイクルもできない特殊なボトルなのですから、よりエコではありませ ん。本当にボトルは必要なのでしょうか?「高品質ワインはボトルに入っている」 という固定概念を破壊するのもウアインの挑戦なのです。

 極少量の酸化防止剤以外の添加物は一切使用しません。有機栽培で育てられた葡萄を野生酵母のみで発酵。ノンフィルターでバッグに詰められています。 バックは三重構造。透明のポリエステルで衝撃から守り、メタル加工ポリエステ ルで日照から守られ、低密度ポリエチレンで酸化から守られています。勿論、リサイクル可能。ボトルより軽いので輸送時のCO2も減ります。未開封であれば2年程度の保存が可能。開封後は 30 日間美味しさをキープ!

2022 ラヴェンナ サンジョヴェーゼ IGT “ボッテ No. 01” 1,500ml バッグワイン / ウアイン

¥3,740 通常価格
¥3,480セール価格
  • 未成年の飲酒は法律で禁止されています。

    当サイトでは20歳未満の方への酒類販売は行っておりません。

関連商品