top of page

Pure Joy Botanicals Roseblossom #1 / Hoch Essences

ピュア ジョイ ボタニカルス ローズ ブロッサム #1 / ホッホ エッセンセス(旧ホッホドイチュ ヴァイン)

【タイプ】ボタニカル ロゼスパークリングワイン
【ブドウ品種】ツヴァイゲルト(使用区画、品種比率は生産年により異なる)
【ヴィンテージ】2021年
【産地】オーストリア・ニーダーエスタライヒ州
【容量】750ml
【店主コメント】ロゼの色味をつけるために、赤品種であるツヴァイゲルトを使用。繊細なバラは、ブ ドウ畑の病気の発生を確認するためにも、 畑の周りに植えられることもあります。食用、 化粧品としても広く使われてきました。バラの香りと、ハチミツの甘みのヒントが味わいにあります。
【醸造方法等】アルコール発酵中のワインを、ハーブティー、ハチミツとブレンド(ワイン:ハーブティー=4:6)して、瓶内で発酵を終える。瓶内気圧は約2.5barとなるようにする。デゴルジュマンあり。アルコール度数7%。
【生産者】ホッホ エッセンセス(旧ホッホドイチュ ヴァイン)
【生産者について】若き女性醸造家、ジュリー=アン・ハンスヨーステンの造るボタニカルスパークリングワイン。ワイナリー、ホッホドイチュはホッホ家のドイツ人、といった意味で両親がドイツ出身のジュリーは、ホレンブルクで代々ワインを造るホッホ家に嫁いできました。夫のクリストフ ホッホも2013年から、家業を引き継ぎ、ナチュラルワインを造っています。 ボタニカルスパークリングワインとは、簡単に言えばハーブティーをブドウ果汁で瓶内発酵させたもの。濃く抽出したハーブティーを、彼女達のブドウ果汁と、 大体Alc.5%になるようにブレンドし、瓶内で発酵を終えます。 もともとハーブティーやエッセンシャルオイルに興味を持っていたジュリーは、ワイナリーで働く傍ら、自然とブドウ畑や周囲に育つ草花を、ブドウ栽培のためのトリートメントとして、また日常でも利用してきました。例えば、ローズマリーの香りは集中力を高めるため、彼女の車にはローズマリーのサシェ(匂い袋)がつるされている、といった具合。 ドナウ川流域は汚染のされていない井戸水が多くあることでも有名だそうで、ホレンブルクの村人も、何をするのもこの井戸水を使っています。彼女がお気に入りのハーブティーでスパークリングを造るというアイデアが湧きあがることは、自然なことでした。試行錯誤を重ね2017年にネトル(イラクサ)での試作品をボトル詰めしました。

※輸入元HPより

2021 ピュア ジョイ ボタニカルス ローズ ブロッサム #1 / ホッホ エッセンセス(旧ホッホドイチュ ヴァイン)

¥3,190 通常価格
¥2,880セール価格
  • 未成年の飲酒は法律で禁止されています。

    当サイトでは20歳未満の方への酒類販売は行っておりません。

関連商品