top of page

Grignolino d'Asti DOC / Frasca La Guaragna

グリニョリーノ ダスティ DOC / フラスカ ラ グアラーニャ

【タイプ】赤ワイン
【ブドウ品種】グリニョリーノ100%
【ヴィンテージ】2021年
【産地】イタリア・ピエモンテ州
【容量】750ml
【店主コメント】標高190mのアリアーノ テルメにある南西向きの1haの畑のブドウを使用。赤いフルーツのキャンディー、バラの香りに心地よい甘やかなスパイスのヒント。口当たりはフレッシュで優しいタンニンを感じ、バランスが良く軽やかな赤いフルーツのフレーバーが広がる。食事と共に楽しみたいワイン。
【醸造方法等】ステンレスタンクで発酵、4~5ヶ月熟成。
【生産者】フラスカ ラ グアラーニャ
【生産者について】イタリアにおける銘醸地の筆頭ピエモンテ州において重要な黒ブドウ品種といえば真っ先にネッビオーロが挙げられるが、バルベーラ100%で作られ新たなDOCGとして今最も注目を浴びるアペラシオン、ニッツァを忘れてはならない。元々高品質なバルベーラの代表的な産地として知られるバルベーラ ダスティのサブゾーンとしてその品質を以前から認められ続けてきたこのニッツァだが、ついに2014年ヴィンテージから一つのDOCGとして独立を果たしたのである。フラスカのオーナーであるカーティス フラスカは元々ニューヨークで起業家として働いていたが、ニッツァのバルベーラと出会いその繊細なエレガンスとテロワールを如実に映し出すスタイルに心を奪われ、それから長い間この地でテロワールを表現したワインを自らで造りたいと願い続けてきた。そしてその想いはアスティ生まれの醸造家マッテオ ジェルビとの出会いにより実を結ぶことになる。マッテオはブルーノ ジャコーザやG.D.ヴァイラといった名門ワイナリーで豊富な経験を積んだ情熱ある醸造家で、彼との出会いの後カーティスは温め続けたヴィジョンを実現させるべくイタリアへと戻り、2018年にニッツァ モンフェッラートにて念願のワイナリーの歴史をスタートさせた。

フラスカのワイン造りにおける哲学は「エレガントでバランスが取れフィネスを持ったワインを生み出すこと」であり、そのために決して特別な手法や技術を用いることはなく、あくまでブドウ栽培家そしてワイン醸造家としてプロフェッショナルな仕事を追求することが重要だと言う。栽培においては自らの細やかな手作業により環境にも配慮した栽培を行った自社畑のブドウのみを使用することにこだわり、醸造面ではテロワールの表現の邪魔になり得る過剰な要素を抽出しないよう果皮の過度な破砕を避けパンチングダウンを行わないなど、一つひとつは決して目新しいことではないがそれらを実直に行っているからこそ果実のアロマが前面に表現され、エレガントでバランスの取れたフィネスを携えたワインを生み出すことができているのだ。その結果ガンベロロッソにおいても「実にエレガントで透明感のあるアロマがあり、なめらかでジューシーな余韻を持つ」と評されている。このスタイルは、バルベーラのみならずこの地域の重要な土着黒ブドウであるフレイザやグリニョリーノから作られるワインにも当てはまっている。

またブドウ畑に設置された気象観測所から得たデータの分析により、薬剤散布の必要性を最小限に抑える等サステナビリティも重視している。その結果、環境と人々の健康を尊重した農作物生産の実施を認定するイタリア農林食料政策省によるサスティナブル認証・SQNPIも取得している。テロワールを構成する自然環境や歴史、そしてその地に住む人々へのリスペクトを持ち、熱い情熱を持ってテロワールに向き合い造られたエレガントな彼らのワインは、クラシカルなニュアンスを持ちつつも伝統に囚われ過ぎないクリーンなスタイルで、バルベーラの新時代を代表するワイナリーとなっていくことは疑いようがない。

2021 グリニョリーノ ダスティ DOC / フラスカ ラ グアラーニャ

¥4,180 通常価格
¥3,980セール価格
  • 未成年の飲酒は法律で禁止されています。

    当サイトでは20歳未満の方への酒類販売は行っておりません。

関連商品