Rose blossom sparkling / Hochdeutsch Wein

ローズ ブロッサム スパークリング / ホッホドイチュ ヴァイン

【タイプ】ボタニカル ロゼスパークリングワイン
【ブドウ品種】グリューナー ヴェルトリー ナー、シルヴァネール、ツヴァイゲルト
【ヴィンテージ】2020年
【産地】オーストリア・ニーダーエスタライヒ州
【容量】750ml
【店主コメント】ロゼの色味をつけるために、赤品種であるツヴァイゲルトを使用。繊細なバラは、ブドウ畑の病気の発生を確認するためにも、畑の周りに植えられることもある。食用、化粧品としても広く使われてきた。バラの香りと、ハチミツの甘みのヒントが味わいにある。
【醸造方法等】アルコール発酵中のワインを、ハーブティー、ハチミツとブレンド(ワイン:ハーブティー=4:6)して、瓶内で発酵を終える。瓶内気圧は約2.5barとなるようにする。デゴルジュマンあり。
【生産者】ホッホドイチュ ヴァイン
【生産者について】ワイナリー、Hochdeutsch はホッホ家のドイツ人、といった意味で両親がドイツ出身のジュリーは、ホレンブルクで 代々ワインを造るホッホ家に嫁いできた。夫のクリストフ・ホッホ(同ワイナリー名)も 2013 年から、家業を引き継ぎ、ナ チュラルワインを造っている。ボタニカル・スパークリングとは、簡単に言えば、ハーブティーをブドウ果汁で瓶内発酵さ せたもの。濃く抽出したハーブティーを、彼女達のブドウ果汁と、大体 Alc.5%になるようにブレンドし、瓶内で発酵を終 える。 もともとハーブティーやエッセンシャルオイルに興味を持っていたジュリーは、ワイナリーで働く傍ら、自然とブドウ畑 や周囲に育つ草花を、ブドウ栽培のためのトリートメントとして、また、日常でも利用してきた。例えば、ローズマリーの 香りは集中力を高めるため、彼女の車にはローズマリーのサシェ(匂い袋)がつるされている、といった具合だ。ドナウ 川流域は汚染のされていない井戸水が、多くあることでも有名だそうで、ホレンブルクの村人も、何をするのもこの井 戸水を使っている。彼女がお気に入りのハーブティーでスパークリングを造るというアイデアが湧きあがることは、自然 なことだった。試行錯誤を重ね 2017 年にネトル(イラクサ)での試作品をボトル詰めした。 今回入荷分は 2018 年のもので、ブドウ畑のトリートメントとしても大活躍するネトル(イラクサ)と、体調を整え、心身 をリラックスさせるためにハーブティーとしてよく飲まれるエルダーフラワー、そしてローズの香りとブドウ果汁+ハチミ ツで瓶内二次発酵をさせたロゼ・スパークリング、3 種類です。冷やしても、常温気味で香りを立たせて飲んでも魅力的。

※輸入元HPより

2020 ローズ ブロッサム スパークリング / ホッホドイチュ ヴァイン

¥3,080 通常価格
¥2,618セール価格
  • 未成年の飲酒は法律で禁止されています。

    当サイトでは20歳未満の方への酒類販売は行っておりません。