top of page

2019 Barolo DOCG "Bussia" Set / Giuseppe Rinaldi

2019 バローロ DOCG “ブッシア” セット / ジュゼッペ リナルディ

【タイプ】赤ワイン
【ブドウ品種】ネッビオーロ、フレイザ、バルベーラ、ドルチェット
【ヴィンテージ】ー
【産地】イタリア・ピエモンテ州
【容量】750ml×5本
【セット内容】

・2019 バローロ DOCG “ブッシア”×1本

・2021 ランゲ DOC ネッビオーロ×1本

・2022 ランゲ DOC フレイザ×1本

・2022 バルベーラ ダルバ DOC×1本

・2022 ドルチェット ダルバ DOC×1本

計5本セット

※ラベルにヨレ、キャップシールに破れがあるものがあります。ご了承の上、お買い求め下さい。
【醸造方法等】ファーストヴィンテージ。かつてブッシア ソッターナと呼ばれたエリアにある、名高いクリュの中心部に位置する畑。1940年代に植えられたブドウの木は樹齢が進んだことにより、熟成に値するストラクチャーと自然な凝縮感を誇っています。土壌は粘土や石灰質が混る泥灰土。10月上旬に手摘みでブドウを収穫。天然酵母にてオーク樽で30日間アルコール発酵。オーク樽にて42ヶ月間熟成。

Wine Spectator 97p
【生産者】ジュゼッペ リナルディ
【生産者について】バローロのなかでもとりわけ人気の高い『ジュゼッペ リナルディ』。昔気質な伝統主義者によって作り出されています。彼の名はジュゼッペ リナルディ。リナルディ家は代々ブドウ栽培農家で、かつてランゲ地方一帯を広く統治していたファレッティ侯爵家のもとでブドウ栽培に従事していましたが、第一次世界大戦後に畑を所有し、自ら瓶詰めを開始しました。

 周囲の著名な造り手達が次々とコンピューター制御式モニター装備の発酵槽を採用するなか、同社では旧式の発酵槽や35HL入りのスラヴォニア産オーク樽を現在も使用し、バリックの使用は厳禁です。

 ジュゼッペ リナルディ社は約10haの自社畑にネッビオーロ、バルベーラ、ドルチェットに加えて、フレイザとルケを植えています。これらすべてのワインは、ほとんどが予約販売となっており、限られた数量しか入荷がありません。品種と土地の個性を存分に表現し、過剰に手をかけない自然主義の生産方法がもたらす純粋でクリーンな味わいは唯一無二の存在として、今もそしてこれからもピエモンテの至宝としてあり続けるでしょう。

2019 バローロ DOCG “ブッシア” セット / ジュゼッペ リナルディ

¥58,500価格
在庫なし
  • 未成年の飲酒は法律で禁止されています。

    当サイトでは20歳未満の方への酒類販売は行っておりません。

関連商品

bottom of page