Rosso di Montalcino DOC / Piancornello

ロッソ ディ モンタルチーノ DOC / ピアンコルネッロ

【タイプ】赤ワイン
【ブドウ品種】サンジョヴェーゼ100%
【ヴィンテージ】2019年
【産地】イタリア・トスカーナ州
【容量】750ml
【店主コメント】
【醸造方法等】収量は 7t/ha。ガラスコーティングをしたセメントタンクで自然酵母で発酵。60%をトノーで MLF 大樽とセメントタンクで最低 10 か月熟成。年産15,000本。

【生産者】ピアンコルネッロ
【生産者について】モンタルチーノ最南端、オルチャ渓谷に近い、サン タンジェロ イン コッレと カステルヌオーヴォ デッラバーテの間に位置するピアンコルネッロ農園。 1700年代から続く農園を、現オーナークラウディオの祖父が1950年に購入、葡萄栽培を始めました。2 代目は長女がシロ パチェンティへ、 三女はアゴスティーナ ピエリへと嫁ぎ、土地の分割がされたものの、次女がピアンコルネッロを相続しました。その息子であるクラウディオは、医学部を出たにもかかわらず、ワイン造りへの意志を固め、1990年代から、自社の葡萄で醸造 ボトリングを始めます。 粘土が少なく、堆積岩と砂質が多いこの地域ですが、平均気温が高く、一年中風が吹くため、病気が少なく、熟成も北側に比べると 2 週間ほど早く進むそうです。 現在、畑は13haを所有。サンジョヴェーゼはサンタンティモの畑とブルネロの区画に併せて12ha, 樹齢が高いものは50年ほどになります。その他、コロニーノと チリエジョーロを少量栽培しています。2012 年にビオロジック認証を獲得。 ビオデナミの考え方も一部は取り入れていますが、月の動きは参考にするものの、 天体の全ての動きは関与しない。と、独特の考えを持ち合わせているようです。 当然、プレパラシオンは使用していないことになります。 全てのワインに共通しているのは、力強さと瑞々しさの共演。 長熟を期待させる、いわゆるクラシカルなイメージではありますが、上質な酸やきめ細かなタンニンなど、葡萄の完成度の高さをうかがわせる仕上がりです。

2019 ロッソ ディ モンタルチーノ DOC / ピアンコルネッロ

¥4,950 通常価格
¥4,455セール価格
  • 未成年の飲酒は法律で禁止されています。

    当サイトでは20歳未満の方への酒類販売は行っておりません。