Puglia IGT Greco "Bianco Spinomarino" / Fatalone

プーリア IGT グレコ “ビアンコ スピノマリーノ” / ファタローネ

【タイプ】白ワイン
【ブドウ品種】グレコ100%
【ヴィンテージ】2019年
【産地】イタリア・プーリア州
【容量】750ml
【店主コメント】金色に輝く、いきいきとした黄色。薄緑色の反射光。春の花めいた繊細なブーケで、開花期のブドウや青リンゴ、パイナップルの香りに蜂蜜のトーンが加わります。ア プリコット、黄色いスモモ、青いバナナ、蜂蜜のなどの味わいのハーモニーがとれていて心地よい。素晴らしいミネ ラル感とフレッシュさが、いっそうの複雑さを加えています。
【醸造方法等】畑は標高365m、石灰質土壌。ステンレスタンクで温度管理しつつ発酵。 ステンレスタンクで6ヶ月間、スラヴォニ ア産オーク樽で6ヶ月間熟成。ボトリング 後6ヶ月間落ち着かせてから出荷されます。
【生産者】ファタローネ
【生産者について】パスクアーレ ぺトレーラ ワイナリーは、ジョイア デル コッレの南東に位置するガウデッラ地区でもっとも標高が高い、スピノマリーノの丘陵地にあります。この丘陵地の標高は365 メートルで、風通しと日当たりが良好です。ブドウ畑の多くは、歴史ある「ファタローネ農園」を取り囲むように存在しています。 このワイナリーの職人的栽培家としての伝統は、18 世紀の終わりごろまで遡ります。創設者であるニコラ・ぺトレーラのプリミティーヴォに対する愛情は、世代から世代に、『自然を愛し敬うものは、神と自身を愛する』とい う言葉とともに受け継がれてきました。 家族によって厳密に管理されたこの小さなワイナリーは、ICEA(※)のコントロールのもとにビオロジック農法の実践に没頭していたのですが、それはライフスタイルのようなもので、ごく自然なことでした。1987年には、FATALONE というブランドのもとに初めてのボトリングを行うと同時に、プリミティーヴォ100%でジョイア デル コッレDOCを醸造・ビン詰めした最初のワイナリーとなりました。1993年には、自身が抱いていた好奇心から、気品あるグレコ種による白ワインをつくりました。2007年、パスクアーレ ペトレーラ ワイナリーは、ジョイア デル コッレDOCの歴史のなかで、初めて垂直試飲会を開催しました。10ヴィンテッジのジョイア デ ル コッレ プリミティーヴォ リゼルヴァが並べられ、このワイナリーがリリースするプリミティーヴォ酒に、申し分のない 熟成能力があることが自らの手によって証明されたのです。

現在、ファタローネの名を冠するワインは、主に海外にある、ドイツ、スイス、ルクセンブルク、日本、イギリス、デンマーク、アメリカなどの適した市場にむけて出荷されています。

2019 プーリア IGT グレコ “ビアンコ スピノマリーノ” / ファタローネ

¥2,420 通常価格
¥2,057セール価格
  • 未成年の飲酒は法律で禁止されています。

    当サイトでは20歳未満の方への酒類販売は行っておりません。