Valpolicella Ripasso Classico Superiore DOC / L'Arco

ヴァルポリチェッラ リパッソ クラッシコ スーペリオーレ DOC / ラルコ

【タイプ】赤ワイン
【ブドウ品種】コルヴィーナ、ロンディネッラ、モリナーラ
【ヴィンテージ】2018年
【産地】イタリア・ヴェネト州
【容量】750ml
【店主コメント】リパッソ前の赤ワインの抽出は軽く、リパッソ時のアマローネ用のブドウの果皮からの抽出に注力します。そのため、軽やかさと上質なタンニンと骨格を併せ持つバランスの良いリパッソが生まれます。
【醸造方法等】1960年代~2000年代に植樹。標高は90~100m、土壌は粘土石灰質。ステンレスタンクで数日間マセレーションで、翌年の3月頃まで熟成。アマローネのマセレーションが終わると同時に、そのヴィナッチャを1カ月間マセレーション(リパッソ)します。その後、大樽で24カ月間熟成させます。
【生産者】ラルコ
【生産者について】ワイナリーの名前は、『ユピテルの拱門』と呼ばれる石でできたアーチに由来。ヴェローナからネグラールへ向かう道からも見え、数年前までフェドリーゴ一家はこの拱門の近くに住んでいました。『ユピテルの拱門』は、その起源を16~17 世紀にまでさかのぼり、サン ヴィート ディ ネグラールにある丘陵に沿ってそびえる7つの拱門のひとつ。ルーカ フェドリーゴにとってこの拱門 は、過去の記憶を呼び起こさせるものであり、その記憶こそルーカがワインの中に表現したいと願うものです。1996年、両親からブドウ畑と桃園を14歳(中学3年生)で引継ぎ、フルタイムで働き始めました。その後ルーカは、ヴァルポリチェッラの高名なワイナリー(クインタレッリ Giuseppe Quintarelli)で何年も働いており、そこで大きな経験を得、1998年に初のアマローネを造りだしました。 2000年に自身のセラーを両親のブドウ畑のすぐ隣に設立し、2001年本格的に生産開始。ワイナリーはまだ設立から数年ですが、過去を尊重した積極的かつ礎のしっかりとしたワイナリーです。ヴァルポリチェッラのワインが受け継いできた伝統をそのままに継承しながら、ヴァルポリチェッラらしいワインを生み出すことに細心の注意を払っています。 ルーカ フェドリーゴは、ブラジル、アルゼンチンおよびトスカーナでワインをつくるルイーズ アルベルト バリケッロとの信頼関係を 築き上げ、設立当初からワイナリーをともに運営するに至りました。ふたりは2001年に、2種類の重要な IGT ワインを生み出しました。それが、ヨーロッパ圏内だけでなく北米や南米でも非常に評価の高い、《ルベオ》と《パリオ》です。この2つのワインには、「アマロー ネのブドウ」と呼ばれるロンディネッラ、コルヴィーナ、モリナーラとは異なった品種も用い、個性的な品種構成をとります。

2018 ヴァルポリチェッラ リパッソ クラッシコ スーペリオーレ DOC / ラルコ

¥4,510 通常価格
¥4,059セール価格
在庫なし
  • 未成年の飲酒は法律で禁止されています。

    当サイトでは20歳未満の方への酒類販売は行っておりません。