Toscana IGP "Rose de Caspri" / Caspri

トスカーナ IGP “ロゼ デ カスプリ” / カスプリ

【タイプ】ロゼワイン
【ブドウ品種】サンジョヴェーゼ100%
【ヴィンテージ】2018年
【産地】イタリア・トスカーナ州
【容量】750ml
【店主コメント】開けたては還元香がありますが、レモンやマンダリンオレンジの柑橘系果実ときれいな酸による冷涼感が心地よい味わいです。
【醸造方法等】樹齢6~40年程度。砂質土壌主体、砕けた片麻岩と粘土、標高325m~400m。 350本の超限定生産。日本への入荷は120本。約1日の果皮浸漬後、果汁を引き抜き、温度コントロール無しでス テンレスタンクで発酵。ステンレスタンクで6か月の熟成後、無濾過で瓶詰め。
【生産者】カスプリ
【生産者について】その名をローマの将軍“カスぺリウス・アエリアヌス”に由来するファットリア  ディ カスプリ。ワイナリーは、1000年以上放置され1800年代後半に再び整備された“カスぺリウス アエリアヌス”邸宅跡に新たに建てられたものです。 ワイナリーの総支配人はスイス出身のBertrand Habsiger(ベルトラン ハブシ ガー)。彼自らワインを作ります。元々アルザスのレストランでソムリエをしていた彼ですが、同郷の友人Suzane Syzに依頼され、トスカーナはアレッツォの小さな村でワインづくりをすることになりました。Suzane Syzは超高級宝飾デザイナーとしてその名を知られ、ヨーロッパの富豪を数多く顧客に抱えています。かつてはAndy Warhol, Jean Michel Basquiatなどに知己を得て彼らのサークルに参加、自らの創作にも多くの影響を受けました。後に美術コレクターとしても名声を得た彼女はナチュラルなワイン、食品にも興味を持ち、カスプリの地所を取得するにいたりました。 そのSyzから全権を委譲されたベルトラン。アルザス時代修業をしていたジュリアン・メイエの当主パトリックの栽培、醸造面のサポートのもと、ワイナリー開始の時より、ナチュラルなワインを志し、ビオディナミも導入しました。 彼のワインづくりのコンセプトは以下の言葉に集約されます。 “化学物質不使用、酵母の添加無し、補酸無し、フィルターをかけない。添加物無し”。 古い木を引き抜きカベルネの植樹を薦められましたが、彼は地品種を重視しサンジョヴェーゼとチリエジョーロ等それらの木を引き抜きませんでした。今では素晴らしい古木となって最高のブドウが毎年実ります。一方、新たなテロワールの表現の可能性も探り、ピノ ノワール、グルナッシュ、シラーなどを10数年前植樹しました。 芸術家が周囲の環境を栄養として創造を行うように、生産者はテロワール等、与えられた環境・条件の中で、ワインを生み出します。彼にとって栽培、醸造と続くワイン生産の プロセスは創造への“道”であり、単なる技術的(科学的)な過程ではありません。“道” である以上そこに生産者の“個”が関わり、ワインには“個”が表現されることになると彼 は言います。そんなことを話しながら、“ワインより犬の世話が大事!”とおどけるベルトラン。しかし、彼のワインには真摯なワインづくりの過程が見事に表現されていて、生命力あふれた“個”の見える美味しいワインに仕上がっています。

2018 トスカーナ IGP “ロゼ デ カスプリ” / カスプリ

¥4,400 通常価格
¥3,520セール価格
  • 未成年の飲酒は法律で禁止されています。

    当サイトでは20歳未満の方への酒類販売は行っておりません。

  • Facebook - White Circle
  • Twitter - White Circle
  • Google+ - White Circle
  • Instagram - White Circle

Copy Right © 2020 La Cantinetta Tamagawa