Grignolino del Monferrato Casalese DOC / Silvio Morando

グリニョリーノ デル モンフェッラート カザレーゼ / シルヴィオ モランド
【タイプ】赤ワイン

【ブドウ品種】グリニョリーノ

【ヴィンテージ】2018年

【産地】イタリア・ピエモンテ州

【容量】750ml

【店主コメント】昔海底にあった影響から力強さが特徴。2018年は非常に恵まれた年。収量40hl/ha。クリアなルビーレッドの色調。熟成とともにオレンジ色を帯びる。フレッシュでフルーティ、アーモンドのニュアンスを持つアロマ。味わいはドライで軽やかなタンニンと酸、後味に心地よい苦みと収斂性を感じられる。前菜、パスタ、白身の肉料理、魚料理にも相性が良い。

【醸造方法等】ー

【生産者】シルヴィオ モランド

【生産者について】モンフェラートの「名人」モランド シルヴィオ。彼が所有するブドウ畑は14ha。この地域で伝統的なバルベーラ、グリニョリーノ、コルテーゼ、ファヴォリータ、そして少量のシラー、テスト的にピノ ノワールと絶滅寸前の古代品種バルサミーナを一区画のみ栽培しています。区画ごとにそれぞれのワインを造ります。

グリニョリーノは修道士がその品質から選んだ11世紀にさかのぼる古代の起源を持つ純粋な品種であり、以来、交配による進化をしていません。また、近隣のアスティ地区のグリニョリーノと比較して、ここカザレーゼは昔海底にあった影響から力強さが特徴。彼の2大トップキュヴェは、グリニョリーノ古樹100%で造る「アナルキコ」と樹齢100年のバルベーラ100%で造る「レ コステ」。「アナルキコ」というキュヴェ名は彼の祖父の兄弟の名前から付けました。非常に男性的で頑固な性格がワインに良く出ています。一方、彼の祖父の畑を受け継いだ「レ コステ」はエレガントで親しみやすい。彼は「ワインに大事なことは、誰が造り、どの畑で造ったのか。ワインに性格が表れる事」だと言います。こちらのワイナリーのシンボルは、シルヴィオの家系のルーツがあるサルデーニャ島のシンボル「4 人のムーア人旗」を模しています。

2018 グリニョリーノ デル モンフェッラート カザレーゼ / シルヴィオ モランド

¥3,300 通常価格
¥2,805セール価格
  • 未成年の飲酒は法律で禁止されています。

    当サイトでは20歳未満の方への酒類販売は行っておりません。

  • Facebook - White Circle
  • Twitter - White Circle
  • Google+ - White Circle
  • Instagram - White Circle

Copy Right © 2020 La Cantinetta Tamagawa