Barolo DOCG "Raviole" / Damilano

バローロ DOCG “ラヴィオレ” / ダミラノ

【タイプ】赤ワイン
【ブドウ品種】ネッビオーロ
【ヴィンテージ】2015年
【産地】イタリア・ピエモンテ州
【容量】750ml
【店主コメント】珍しいグリンツァーネ カヴールの単一畑“ラヴィオレ”。野イチゴやスミレの華やかな香り。活き活きとした酸と力強いタンニンが特徴。
【醸造方法等】2015年がファーストヴィンテージ。現在、“ラヴィオレ”のクリュ名を冠したワインは、ダミラノのみが生産。20日間のマセレーション醗酵。20~100HLの大樽で24ヶ月間熟成。
【生産者】ダミラノ
【生産者について】

1890年から続く老舗“ダミラノ社”はバローロの中でも100年以上の歴史を持つ伝統的なワイナリー。1890年にラ・モッラ村とバローロ村の境に、ジュゼッペ・ボルゴーニョによって創立されました。創立当初の名前は、『ボルゴー ニョ』という名前でしたが、1935年にジュゼッペ・ ボルゴーニョの義理の息子であるジャコモ・ダミラノがワイナリーを継ぎました。その際に、親戚のボルゴーニョ社と混乱しやすかった事もあり、ダミラノへとワ イナリーの名前を変え、新たな歴史を刻みました。1997年に、パオロ、マリオ、グイドの3兄弟に引き継がれた際、著名醸造家であるジュゼッペ・カヴィオラ氏を醸造コンサルタントに迎え、さらに名声を高める事に成功。2001年にはラ・モッラ村にミシュラン一つ星のリストランテ『マッシモ・カミア』の経営を開始し、伝統的なピエモンテ料理とダミラノのバローロコレクション(豊富なバックヴィンテージ)とを楽しむ事ができるようになっています。長い歴史がある事の強みは、何といっても多くの優れた畑、区画を所有している事。ダミラノ社は、チェレクイオ(ラ・モッラ村)、ブルナーテ(ラ・ モッラ村)、カンヌービ(バローロ村)、リステ(バローロ村)ブッシア(モンフォルテ・ダルバ村)と 言った、同業の生産者も羨むほどの畑、それも良い区画を所有しています。 バローロ最古の畑『カンヌービ』 カンヌービという畑の名前は、バローロが存在する以前から特別な畑という認識があったようです。現存するネッビオーロ最古のボトルが、ブラ村のマンゾーネ家が所有するカンヌービ1752年。バローロという銘柄が登場する100年以上も前のもの。 畑名のクリュを正式に名乗るようになったのは2010年の事。ブルゴーニュに倣ったものの、突然階級を定 める事を避け、全てのクリュが並列に扱われる事となりました。実力的に言えば、カンヌービがグランクリュである事は、疑う余地もありません。 5つの異なる個性『バローロ・クラシコ』 これはクリュ・バローロのセカンドワインではありません。 伝統的なスタイルのバローロです。 単一畑にフォーカスされた、クリュ・バローロはブルゴーニュに倣って、近年人気を集めています。畑の個性が 表現されたコントラストのあるワインに仕上がります。故に若いうちは力強さを感じる事も。 バローロ・クラシコは複数の個性を持った畑を合わせる事で、お互いの凹凸を補い合い、まとまりのあるワインに仕上がります。長期熟成も可能ですが、若いうちから楽しむ事ができます。これこそが、伝統的バローロの姿。 ダミラノ社では、異なる5つの畑を合わせた、レチンクエヴィーニェ(5つの畑の意味)という名前の、バロー ロ・クラシコをリリースしています。クリュも良いですが、伝統的なバローロ・クラシコも忘れてはいけない存在です。

2015 バローロ DOCG “ラヴィオレ” / ダミラノ

¥17,600 通常価格
¥14,960セール価格
  • 未成年の飲酒は法律で禁止されています。

    当サイトでは20歳未満の方への酒類販売は行っておりません。

  • Facebook - White Circle
  • Twitter - White Circle
  • Google+ - White Circle
  • Instagram - White Circle

Copy Right © 2020 La Cantinetta Tamagawa