Toscana IGT "Montevertine" / Montevertine

トスカーナ IGT “モンテヴェルティーネ” / モンテヴェルティーネ

【タイプ】赤ワイン

【ブドウ品種】サンジョヴェート90%、カナイオーロ5%、コロリーノ5%
【ヴィンテージ】2014年
【産地】イタリア・トスカーナ州
【容量】750ml
【店主コメント】チェリーや赤いプラムの香りに、ほのかにオレンジピールやコーヒー、フレッシュなハーブ、セダー香が調和。深みのあるふくよかな味わいで、しっかりとした酸味やタンニン、土地香が感じられ、余韻が持続します。サラミ、グリル肉、パスタ、煮込み、魚のブイヤベースなどと。
【醸造方法等】スラヴォニア産とアリエ産の樽24か月、瓶内6か月間熟成
【生産者】モンテヴェルティーネ
【生産者について】モンテヴェルティーネは、キアンティ丘陵地帯の中心で、マネッティ家が営む家族経営のワイナリーです。1967年に鉄鋼業を営んでいた先代のセルジオ マネッティが、休暇を過ごすための別荘としてこの地に2haの土地を購入したことからワイナリーの歴史が始まります。

 ワイン造りにのめり込んだセルジオは、ほどなくして本業を辞め、古い友人であった伝説的エノロゴ、ジュリオ ガンベッリをコンサルタントに招き、本格的にワインビジネスに専念することになります。当初はキアンティ クラッシコの規定に沿ったワイン造りをしていたモンテヴェルティーネですが、枠にとらわれずサンジョヴェーゼ本来の魅力を純粋に表現するために、1984年代初頭にあえてDOCGを脱退。自分たちの信念に基づいたワイン造りに注力することを選択。法律が変わり、キアンティ クラッシコを名乗ることができるようになってからもIGTを継続しています。

 セルジオが2000年に他界してからは、息子であるマルティーノが醸造家のパオロ サルヴィとともにワイナリーを守っています。キアンティ クラッシコエリアの中でも最も高い海抜425mの土地に、1968年の植栽されたレ ペルゴレ トルテをはじめ、8か所に計18haの自社畑を所有。サンジョヴェーゼが全体の90%を占め、残りの10%でコロリーノとカナイオーロを栽培しています。冷涼な気候と、ガレストロ(片岩や砂岩が混じる砕けやすい白亜質)とアルヴェレーゼ(硬質石灰岩)の混ざり合った土壌、そしてバイオダイナミックと有機農法により、最良なブドウを作り出します。
 全て手摘みで収穫されたブドウは、創業から変わらない伝統的な醸造方法でサンジョヴェーゼの魅力を余すところなく凝縮したワインへと作り上げられます。なかでも、彼らのフラッグシップワインであるサンジョヴェーゼ100%の「レ ペルゴレ トルテ」は、先代のセルジオが、ジュリオ ガンベッリとともに長年にわたり実現させたワインで、1977年のファーストヴィンテージ以降、その圧倒的な存在感と美しい味わいで、ヴィンテージを重ねた今でも世界中に衝撃を与え続けています。

2014 トスカーナ IGT “モンテヴェルティーネ” / モンテヴェルティーネ

¥6,050 通常価格
¥5,143セール価格
  • 未成年の飲酒は法律で禁止されています。

    当サイトでは20歳未満の方への酒類販売は行っておりません。

  • Facebook - White Circle
  • Twitter - White Circle
  • Google+ - White Circle
  • Instagram - White Circle

Copy Right © 2020 La Cantinetta Tamagawa