Franciacorta DOCG / gigi Ravarini

フランチャコルタ DOCG / ジジ ラヴァリーニ

【タイプ】スパークリングワイン
【ブドウ品種】シャルドネ100%
【ヴィンテージ】2013年
【産地】イタリア・ロンバルディア州
【容量】750ml
【店主コメント】酸とドライフルーツのニュアンス、酵母やトーストの香ばしさなどの熟成感が素晴らしい!スモークした料理との相性◎。
【醸造方法等】シャルドネが植えられた区画は標高が一番高いエリアに有り、周囲を一望できます。白い石状の石灰と鉄分が多い赤色の粘土質土壌。フランチャ コルタの中でこのエリアは氷河期に氷河によって土を流されなかったため、 粘土質が残っています。雨が多かったが、個性的で非常に良い仕上がりとなった2013年。生産本数は566本。ブドウは9月初旬に手摘みで収穫。除梗せずプレスし、ステンレスタンクで温度管理せずに発酵、11 ヶ月熟成。1/5 量をマロラクティック発酵。デゴルジュマン後、瓶詰めして 60 ヶ月瓶内二次発酵を行います。澱引きは発酵前と瓶詰め前の計 2 回実施。清澄、フィルター無し。
【生産者】ジジ ラヴァリーニ
【生産者について】1971 年、ロンバルディア州モンティチェリ ブルサティにおいて、 現当主ジャンルイージ ラヴァリーニの父ボルトロが 1.5 ヘクタール強の畑を購入しワイン造りを開始。この土地が「フランチャコルタ」 として評価されるようになる90年代までは、殆どのブドウを地元の生産者に販売していたが、自分たちのブドウの可能性を信じ2002年、他のワイナリーでの様々な経験とブドウ栽培者としての長年の経験を経て、ジャンルイージは最初のスパークリングワインを造り始めました。

 現在のラヴァリーニは約4ヘクタールのブドウ畑と2ヘクター ルのオリーブや森を含む6ヘクタールの土地を持ち、2015年に有機認証を取得(それまでも有機栽培)。栽培品種はシャルドネ、カベルネ フラン、メルロ、ピノ ノワール、バルベーラ、そして 2002 年に植えられたピノ ムニエ。 モンティチェッリの小さなエリアは、豊富な鉱物、粘土、石灰岩、 小川、風を豊富に含むモレーン質と沖積土の土壌を誇り、フランチ ャコルタの他の地域とは一線を画しており、これらの違いを最大限に表現するために、ジャンルイージはブドウの特徴を活かす為、ステンレスとセメントタンクのみを使用して生産している。フランチ ャコルタDOCGは単一品種のみ、ドザージュ無し、自然発酵で生産しており(年間3000本程)、特にシャルドネから造られたブラン ド ブランは、澱の上で30~40ヶ月以上熟成させたものを使用。さらに各ヴィンテージの特徴を強調するために数量限定で2年間熟成したものをリリースする事もあります。 ワインはフランチャコルタ、フランチャコルタを名乗る事が出来ないピノ ムニエ 100%のスプマンテ メトード クラシコと赤ワインを生産。ラヴァリーニは、市場のルールにとらわれることなく、農民 文化への大きな情熱と敬意をもって、ブドウ品種とそれが属する地域との密接なつながりを伝えようとするフランチャコルタの職人の真の姿を表現しています。

2013 フランチャコルタ DOCG / ジジ ラヴァリーニ

¥6,160 通常価格
¥5,236セール価格
  • 未成年の飲酒は法律で禁止されています。

    当サイトでは20歳未満の方への酒類販売は行っておりません。