• Facebook - White Circle
  • Twitter - White Circle
  • Google+ - White Circle
  • Instagram - White Circle

Copy Right © 2018 La Cantinetta Tamagawa

2011 Barolo DOCG "Cannubi" / Francesco Rinaldi

2011 バローロ DOCG “カンヌビ” / フランチェスコ リナルディ

【タイプ】赤ワイン
【ブドウ品種】ネッビオーロ100%
【ヴィンテージ】2011年
【産地】イタリア・ピエモンテ州
【容量】750ml
【店主コメント】ー
【醸造方法等】バローロ村のカンヌビに所有する2.4ヘクタールの南-東向きの畑から。土壌は砂質、シルト土壌。ブドウの木は1969年~1990年に植樹。ステンレスタンクにて20~30日かけて発酵。熟成は20~50HLのスラヴォニア産オ ーク樽で36ヶ月間。
【生産者】フランチェスコ リナルディ
【生産者について】ランゲの中心部、世界で最も美しい丘の 1 つと言われるこの場所で、フランチェス コ・リナルディは 130年の歴史を持ち、バローロで名高い2つの畑、ブルナーテ、 カンヌビを所有する生産者です。この畑や景観、畑を受け継ぐ彼らは、その栽培は極力自然であり病気が蔓延した時以外に薬品を用いることはほとんどありません。伝統ある造り手で、ロバート・パ ーカーを始め、イタリアのガンベロ・ロッソ誌でも頻繁に取り上げられるこの生産者が、今までなぜ日本に輸入されていなかったのか。それは彼らのワインはクオリティに対して価格が他より圧倒的に安いため、イタリア国内でほとんどが完売してしまうからです。醸造所は徹底的に清潔が保たれており、それがワインに素晴らしくピュアな印象を与えています。初代当主のジョヴァンニ(現当主の祖父)は、1870年にこの美しいバローロの丘を訪れ、その土地にすっかり魅了されました。そして同時にその丘の持つ、ブドウ畑としてのポテンシャルに気付き、その後の数年間で、ジョヴァンニは息子の手を借りながらワインを造りつつ、 新しい畑を買い足していきました。その中に名高いカンヌビとブルナーテがあったのです。現在は約 11haのブドウ畑を所 有し、約70,000 本のワインを生産。リナルディ家の歴史と最良の畑、ピエ モンテのブドウ品種を見事なまでにワインへ反映させ、継承しているのです。

2011 バローロ DOCG “カンヌビ” / フランチェスコ リナルディ

¥10,300価格
  • 未成年の飲酒は法律で禁止されています。

    当サイトでは20歳未満の方への酒類販売は行っておりません。