Grappa di Brunelllo di Montalcino Riserva 500ml / Mastrojanni(Nannoni)

グラッパ ディ ブルネッロ ディ モンタルチーノ リゼルヴァ / マストロヤンニ(ナンノーニ)

【タイプ】グラッパ
【ブドウ品種】サンジョヴェーゼ グロッソ100%
【ヴィンテージ】ノンヴィンテージ
【産地】イタリア・トスカーナ州
【容量】500ml
【店主コメント】ナンノーニ蒸溜。
【醸造方法等】
【生産者】マストロヤンニ(ナンノーニ)
【生産者について】創業は1975年。ブルネッロの生産拡大に火をつけたバンフィの設立や、D.O.C.G.昇格以前。畑と醸造所は、アペラシオンの最南端となるカステルヌオーヴォ デッラバーテの丘陵にあります。元々ロレート エ サン ピオと呼ばれていたこの農園を弁護士のガブリエーレ マストロヤンニが取得した当時、森と牧草地が広がるのみで、ブドウは植えられていませんでした。土壌は痩せている上、傾斜が急で崩れやすく、耕作に不向きとされていたからです。しかし、南部特有の温暖な気候に加え、南西から南に開けた斜面は日照が豊富。夏は雨が降らず、日中の気温は時には40度にも達っしますが、南に迫る標高1700m級のアミアータ山から常に涼しい風が吹くため、昼夜の寒暖差は15度を超えます。さらに、アミアータ山は嵐や雹に対する防壁ともなります。マストロヤンニ氏は、ここが優れたブルネッロを生む土地であることをすぐに確信し、畑を拓いてブドウの植樹を行いました。このテロワールが育むブドウから余計なものを加えることなくワインを造るために、発酵にはニュートラルなコンクリートタンクを、熟成には大樽を用いることは最初から決まっていました。ブルネッロの伝統に重きを置くマストロヤンニの作品は、初期のヴィンテージからこの地の上質なサンジョヴェーゼに特有の素晴らしいアロマを呈していたと言います。

スキエーナ ダジノ誕生秘話マストロヤンニの要となるアンドレア マケッティは、1992年に栽培・造責任者として招かれました。彼はモンタルチーノを熟知した地元出身の醸造家であり、イタリア最高のエノロゴの一人エツィオ リヴェッラの下で、長らくバンフィの醸造に携わっていました。しかし、当時の最新鋭の技術と設備を導入したバンフィの手法は非常にモダン。それに違和感を抱いた彼は、より自然なワイン造りができる場所を求め、マストロヤンニにやってきました。着任当初のことをアンドレアは振り返ります。カンティーナと呼ぶには簡素な小屋で醸造が行われ、夏場に気温が40度にも達する場所でワインが保管されることもあったといいます。それまでとは全く異なる環境に身を置くことになった彼が最も驚いたのは、熟成中のワインを試飲していた時のこと。『グアルティエーロ マルケージ』と書かれた樽からのワインの群を抜くおいしさに衝撃を受けました。それはイタリア料理界の重鎮ためにたまたま取り置かれていたものでしが、そうでなければ通常のブルネッロにブレンドされていたはずでした。アンドレアはそのワインを生み出した区画を探し出し、今後は単独で瓶詰することを心に決めました。その区画こそが、スキエーナ ダジノ。マストロヤンニの最上クリュは、彼の審美眼により見出されたのです。

グラッパ ディ ブルネッロ ディ モンタルチーノ リゼルヴァ 500ml / マストロヤンニ(ナンノーニ)

¥7,150 通常価格
¥6,078セール価格
  • 未成年の飲酒は法律で禁止されています。

    当サイトでは20歳未満の方への酒類販売は行っておりません。

  • Facebook - White Circle
  • Twitter - White Circle
  • Google+ - White Circle
  • Instagram - White Circle

Copy Right © 2020 La Cantinetta Tamagawa